一般にカードローンといっても

一般にカードローンといっても、クレジットカード会社や信販会社、消費者金融などの貸金業者の行なうカードローンのサービスと、大手の都市銀行などが行なう銀行系のカードローンがあります。
貸金業者の利子率は貸金業法によって上限が定められていますので、その制限に従った比較的高めの利率が設定されています。

その一方で、銀行系のカードローンは、貸金業者に比べて低めの利率が設定される傾向があります。
とはいえ、銀行のカードローンを申し込んだ場合でも、すべての人が同じ利率の適用を受けられるというわけではありません。
実際に適用される利率には幅があって、申し込み時の審査の結果、当人の信用状況が良ければ低い利率で大きな融資枠が設定されることになりますし、信用状況がそれほど良く無い場合には、若干高めの利率でほどほどの融資枠が設定されることになります。

それで、どれくらいの利率でどの程度の金額の融資が受けられるかどうかということは、本人の年収や勤務先、勤続年数、住居の居住形態、居住年数、他社からの借り入れ状況、配偶者の有無、といった様々な条件を審査された結果、カードローンの融資条件が決定されることになるというわけです。

このように、テレビのCMなどでは有利な条件が提示されているようですが、実際にどんな条件でカードローンを契約できるかどうかは、その人の信用状況や返済能力によって異なってくるものであり、そうした要素を念頭に置いて、各社の提示する条件を比較してみることができるでしょう。

オススメのサイトは、アコム即日融資ガイド〜金利や返済方法。審査基準はどうなの? です。